減量と体重が増えるメカニズム





体重が増えるメカニズムというのは1日の摂取エネルギーよりも、消費エネルギーが少なかった場合に起こります。体内で使うことができなかったぶんのカロリーは、体外に排出されずに脂肪として貯め込まれます。これが体重増加の原因になるとというシンプルな仕組みです。脂肪を燃焼してエネルギーを得なければいけない状態になれば減量ができます。そのためには、使うエネルギーを得るエネルギーより多くします。摂取カロリーとは、主に食事から体内に取り入れるカロリー量のことをいいます。
人は、生きていくために一定のカロリーを消費しています。循環器や心肺機能を維持する生命活動に費やすエネルギーと、運動など体を使うために消費するエネルギーです。基礎代謝というのは、消費エネルギーの7割を占めています。基礎代謝の高い体になれば、自然と減量効果が出てきます。食事制限によるダイエットを一定期間続けているという人は、カロリーの低い食生活に体が慣れて基礎代謝の低い体質になってしまっているということがあります。
ダイエットを続けているのに思うように減量が進まないという場合は、基礎代謝をたかめるため運動やたんぱく質の摂取を心がけましょう。健康に良い減量をするには、基礎代謝の高い体質に改善することがポイントになります。基礎代謝の高い体になることで、普段通りの活動をしていても脂肪燃焼が促進されるようになります。





基礎代謝を高めて痩せやすいカラダにする!